メニュー

インフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスの感染や発症そのものを完全には防御できないのですが、重症化や合併症の発生を予防する効果があります。特に高齢の方はワクチンを接種すると、接種しなかった場合に比べて、死亡の危険を1/5に、入院の危険を1/2にまで減少させることが期待できるとされています。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME